Category
Archive
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


働きたくないけど働かなきゃ生きていけないポイズンの話

お疲れ様です。


就活。人生で一番やりたくないけどやらなければいけない活動の一つ。それよりアイカツしたいです。

そんなわけで、学部、修士と就活を避けてきた結果、自分は大学院博士課程まで進学してしまった。
地元の友人や親戚などからは、どれだけ勉強が好きなん!?と突っ込まれる。
研究がしたくてさ~とか言ううものの、実際は就活から逃げた言い訳かもね。3割くらいは。
で、博士課程まで来てしまったら、もう就活をパスできない。来年の冬には嫌でも就活を始めることになる。

自分の希望としては、化学メーカーで研究職につきたい。実験してモノづくりしたり、企画発案とかもしたい。
せっかく薬学系研究科に属しているのだから製薬会社に行かないの?という声もあるけど、製薬会社だと
完全分業で有機合成マシーンになりかねない。自分は有機合成ばかりしたいわけではないのよね。嫌いじゃないけど。

んでまあ、絶対に就活が成功するとも限らない。
ロンダとはいえ東大生なので、選ばなければ何かしら職に就けるかもしれないけど、あまりにも無名だったり
ブラックなとこだと、自分が頑張って大学院入試を突破したのはなんだったんだろうってなっちゃう。
というわけで逃げ道が必要になるわけだ。で、うちのラボの先輩方がとってきた危機回避策が国家公務員。
もちろん実験できれば一番いいのだけど、最近はそこまでこだわってなくて、別にデスクワークばかりでも
いいかな~とかも思ってたり。国家公務員でも技官とかになれば実験やら研究には携われるしね。運良ければ。


何が言いたいかというと、
就活めんどいな~。うまくいくかな~。一応国家公務員試験の勉強もやっといたほうがいいかな~。
っていうお話でした。


できれば宝くじ当てて一生研究生というお客さん身分で大学に残りたいというのがホンネ。

終わり

スポンサーサイト

com(0) - 2013.07.28(Sun) - 大学院


ラブ・リプレイと高校倫理の話

前回の日記で書いた通りの趣旨のブログを開設して、記事一つ書いたとこで飽きてしまいました。こんにちは。
うーん。やっぱどうも紹介系のブログはやる気出ないマンですわ。ネタないし。ネタがないというか、
ピックアップするのにコツがいる気がする。埋もれたネタっていうのかな?きっとあるはず。

まあ続かなければ意味がないのだけどね。というわけでブログは1か月放置して閉じてしまったのでした。


最近は研究が落ち着いているのでなんか色々やりたいお年頃。でも結局時間をうまく使えてなかったり。
あ、ちょっと前にラボの先生に借りて、「猫色ケミストリー」と「ラブ・リプレイ」読んでみたヨ。
喜多喜久さんによる科学系小説(SFミステリーかな?)3部作の2作目と3作目やね。
1作目のラブ・ケミストリー同様、猫色ケミストリーは終盤が尻すぼみな感じでした。
そこにたどり着くまでは結構面白いのだけどね。MOTTAINAI。
そして3作目のラブ・リプレイは、これまでの終盤の尻すぼみ感もなく、普通に面白かった。オススメよ。
とはいえ、結構ガチな有機合成系ラボの描写があるので、一般人にはその辺はつまらないかも。
有機合成ラボにいるとそういう描写も内輪ネタな感じでニヤリとできる。
自分の場合、自分の所属大学の所属研究施設が舞台となっているってのも大きい。
とにかく、ラノベと文学の間くらいの軽さなので、小説あんまり読まないって人にも読んでほしいっすね。

そんなわけで、高校倫理を再び勉強したくなってきました。
自分は、倫理の授業をとってたわけじゃないのだけど、センターで利用しようと思って参考書読んでたクチ。
んで、そこから高校倫理の面白さに目覚めたのね。哲学が好きっていうより、哲学史?が好きなんだと思う。
ニーチェやらカントやらの訳書読んでみようとしたけど全然興味そそられなくてすぐあきらめちゃったし。
さっきも書いたけど、最近ちょっと余裕があるのでもっかい高校倫理を勉強してみようと思ったワケ。
幸い、最近は大人の人が教養つけようとしてるのか、社会科教科書で有名な山川出版が「もういちど読む」
っていうシリーズを出していて、それの倫理の本を買ってみたのです。まだ読んでないけど。
この土日くらいに読んでみようと思う。あと、自分が使ってたセンター倫理の参考書が結構秀逸だったので、
それももう一度読んでみたいなーなんて。ね。
あとは、哲学者の訳書は要らんので、その人の思想について解説してるような本とかも気になる木。
ちょっとずつ読んでいこう。哲学史が好きっていうのは自分のアイデンティティにしたい。



com(0) - 2013.07.25(Thu) - 大学院


prev new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。