Category
Archive
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


準備ー!

渡米準備、さっさとやっちゃわないとそろそろ時間がないことに気付いた。一か月って早い!
箇条書きしてみると、予防接種やら、免許やら、携帯関連やら.......て感じで意外と結構ある。
2月中にはだいたい終わらせて、3月はVISA関連やら引っ越し関連やらに時間を割きたい。
あと半月でコツコツやってかないとな~。

そういえば、D論の審査も今月頭に無事全て終わった。やる前はめっちゃ緊張したけど、
終わってみればそこまでキツイことも言われず、ゆるやかーな感じだった。
どっちかっていうと普通にディスカッションって感じに近いかも。特に最後の先生は
まさにその分野の有名な先生だったから、いろいろ勉強になったし非常に有意義だった。
もしよかったら共同研究したいなっていうお話もいただけたのは嬉しいね。共同研究の件は
指導教官の先生も喜んでいたし乗り気だったから、そのうち論文になるといいなーと期待。

それとつい先週末、ついに海外学振の募集要項が出た。
業績少ないからきつそうだけど、当たって砕けろの精神で。
渡米準備とか学会とかで時間も限られてるけど、日本にいる間に
できるだけ申請書を進めておきたいな。通るといいな~。

ちなみに一昨日から妻が家を留守にしているので久々に一人の週末を過ごした。
一人だとついダラダラしてしまう。明日には帰ってくるからそろそろちゃんとせねばっ。


今回はここまで。


com(0) - 2016.02.14(Sun) - 大学院


もういくつ寝ると~

明けちゃいました2016。

前回の記事から約2か月、この間に無事D論発表もD論提出も乗り切ることができた。
学位関連はもう審査とか諸々を残すのみで、これに関してはもうお気楽モード。
それよりも、卒業までに今のテーマをまとめて論文にする方が大変そうで.....。
せめて投稿して卒業したいが、逆算すると2月半ばには論文を書いていないといかん。
そんなわけで、現在は徐々に実験のカンを取り戻しつつ、ペースを上げている感じ。

他にも、渡米の準備や学会の準備、サンプル整理にテーマの引き継ぎ、とタスクは山積み。
特に渡米の準備は全くの手探り状態で、非常に不安を感じつつも、ネットの情報を頼りに
頭の中でフローチャートを描いている。ネットがなかったら渡米なんて絶対無理だ。
学会の方は手続きとかは大変ではないけど、開催時期が年度末というのがなかなかキツイ。
4月からアメリカで働くことになっているので、学会参加中にはすでに下宿を引き払っている予定。
というわけで、学会の会場は今の下宿から電車で行ける距離なのだけど、現地のホテルを
押さえとかないといけない。学校から特に金銭的な援助が出ないから厄介だ。しょうがないけどさー。

タスクが山積みでも書き出すと思ったほど大変じゃないことってあるよね!って思ってここに書き出してみたが、
相変わらずなかなか大変そうだ。せっかくだから卒業旅行も行きたいが、果たして行けるだろうか.....。


今回はここまで。


com(0) - 2016.01.20(Wed) - 大学院


D論の足音が聞こえてきた

約二か月半ぶりの更新かな?
最近はD論要旨、発表スライド、D論、薬学会年会発表申し込み、VISAの申請.....と、
締め切りに追われる日々。タイトルの通り、D論の足音が聞こえてきた感じがする。

更新していない間何もなかったわけではないのだけどなかなか更新のモチベが上がらなくて....。
と思っていたら土曜の朝になんとなく目が覚めたのでなんとなく更新。では近況報告(記録?)をば。

大きな話題としては、
10月4日 入籍
11月半ば フェローシップ(留学助成)内定
といったところか。

入籍当日は朝一で市役所に婚姻届けを提出した。10月4日は字面的にイワシで覚えやすいってのと、
六曜以外の面でも色々と縁起のいい日だったからだ(具体的になんの日かはすでに忘れているけど)。
昼は痛車見て、夜は非常にうまい焼肉を食べ、と盛りだくさんで、この先も忘れられない日になるはず。

フェローシップは、二つ前の記事で学内推薦もらえたと書いていた留学助成だ。
申請するだけして、通るなんて全く期待していなかったから学食で声を上げるくらいには驚いた。
助成額の決定は来月らしいけど、上限400万になるべく近い額がいいな。怖いけど楽しみ。
ちなみに、たとえ上限いっぱいの額だとしても、ポスドク先から提示された給料より安かったりするのだが、
フェローシップ採用は業績として書けるので、今後のキャリアにもつながるし金額以上の恩恵があるので問題なし。

昨日、結婚とフェローシップ内定についてポスドク先の教授にメールで報告したところ、

This is a nice feather in your cap.

という言葉をいただいた。意味が分からなかったので調べてみた。wikipedia先生によると、

The term a feather in your cap is an English idiomatic phrase believed to have derived from the general custom in some cultures, of a warrior adding a new feather to their head-gear for every enemy slain.

ということだそうだ。
つまり、戦士が倒した敵の数だけ頭に羽根飾りをつけていた昔の慣習から転じて、
現在では功績をたたえるような意味合いとして使われるイディオムってことらしい。
これから先、業績が増えるたびに羽根飾りが増えていくって考えると、俄然やる気が出てきた。

今回はここまで。


com(0) - 2015.11.14(Sat) - 大学院


prev new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。